Case1.〈樋渡宏大〉

山形大学を卒業後、新卒で入社して1年目

◉年齢:23歳
◉出身:山形県金山町
◉所属:営業部 第2営業課
2014年 山形大学人文学部入学
2017年 同大学卒業
    (株)アイン企画に新卒入社

◉仕事内容

自社で発行している情報誌の営業を担当。〈アポイントTEL → 訪問営業 → 受注活動 → 原稿作成 → アフターフォロー〉が主な業務の流れになります。お客様の悩みをお聞きして、解決するために何ができるか、どんな方法があるかを考え提案する仕事です。また、掲載いただいた企業の反響事例集を作成したり、よりよい原稿を作成するために資料を見たり調べたりも大事な業務の1つです。

◉この仕事をしようと思った理由

広告や出版関係に興味があったことと、大学生活を過ごした山形市が好きになったことがきっかけです。自分の好きな町や人、モノの力になるために自分のできることは何だろうと思って、手さぐりながらですがここで働きたいと思いました。

◉やりがい

読者の方から届くアンケートなどで「楽しみにしています」「情報ありがたいです」などの声を頂いた時、情報誌に掲載しているお客様から「掲載してよかった」「お客さんが増えた」などと喜んでもらった時が一番やっていてよかったと感じます。

◉休日の過ごし方

カレンダー通りの休みなので、友人と予定を合わせて登山に行ったりします。近くに住む友人とふらっと飲みにいったり、1人で映画館に出かけたりなどその日の気分にあわせてリフレッシュできるように過ごしています。

◉将来の目標やビジョン

自分が担当している情報誌が「山形で一番」と言ってくれる人が少しでも増えるようにしたいです。自分一人でできることは限られているので、周りの人の力をかりて一緒に山形をよくする一助になれればと思っています。